読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

向き合う日々

動いて考えて捨てて減らして、感じて変わっていくかもしれないブログ

ご心配おかけしましたが、息子は回復し家族も元気です。

 

ブログを更新していない間も多くの皆様にご来訪頂き、

嬉しい気持ちでいっぱいです。

息子の件ではご心配おかけしましたが、お陰様で無事回復し、

日曜から普通食に、月曜から日常の生活にもどれました。

皆さんの応援をしっかり頂戴し、頑張れました。

ありがとうございます。

 

嘔吐下痢発熱の症状が流行ってますね。

本人はもとより、看病する側も大変な思いをする症状です。

現在進行形の方々は、どうぞご自愛ください。

 

noribealive.hatenablog.com

 

 

昨日わかったのですが、息子は「ノロウィルス」のようです。

 

ようです…とういうのも、ウチ個人で検査はしておらず、

保健所からの指導で、園職員の検体から発覚という流れでした。

あっという間に先生方にもうつり、担任はお休みされていました。

そんなことからか、園の対応は早かったですねぇ。

月曜に登園すると、

給食は外注のお弁当に変更、歯ブラシはお休みでうがいだけ、

部屋は消毒の影響で塩素の臭いがしました。

集団生活の原因究明は、ほとんど不可能だと思いますが、

園の迅速な対応には「ここの園で良かった」と頭が下がる思いです。

原因よりも対応の早さが、安心材料の1つになるんですね。

 

我が家では奇跡的に(?)家族に感染しませんでした。

ノロと言えば最強ウィルス、一家総崩れが通例。

私も夫も「ちょっとお腹の調子が悪いかな…」、

娘は「喉が痛いかも」程度はありましたが、

ノロならこんなコトを言ってられる状況ではないでしょうから…。

 

このノロウィルス、10年前とは比べ物にならなほど耐性され、

年々強さを増しているとか。

なかなか予防しにくい最強ウィルスのイメージがあります。

 

勝因はなんだったのか…?(すみません、あえて勝因と表現します)

  • 食べる前の手洗い励行
  • マメな部屋の換気

この2点は気をつけ、家族にはウルサく言いました。

後は…、

 

神のみぞ知る。

 

今回程無頓着に看病したのは初めてです。

でも、うつらなかった…。

 

無闇やたらと過剰な予防をしたり…、

見えない敵と強迫的に戦ったり、

そんなコトに使うエネルギーを、

今回は子供に寄り添うほうへ向けました。

その結果、早い回復に繋がったのかな…と思っています。

 

でも、うつらなかったのは…

まぐれか、ラッキーだった気も。

 

まだ来ない未来の心配をして、モノを持つのはやめたので、

今見えている現実が、1つ1つよく見えるようになりました。

正しい情報は大事です。

けれど情報に振り回され、より不安が大きくなることもあります。

 

ただ、子供が小さければ小さい程、看病の対応は難しく大変でした。

息子が5歳になり、意思の疎通が可能になったからこそ

手放せるモノが増えてきたと言えるでしょう。

そして私自身も、数々の症状に対する看病の経験が多くなり、

柔軟な考え方が増えてきたので、決断に対する恐怖感も減り、

モノに頼らなくても済むコトが多くなりました。

 

 

ちょっとバタバタの一週間で、更新が空いてしまいましたが、

その間にもスターやブクマ、読者登録などありがとうございました。

「更新の励みになる」という表現を、様々な場面で拝見してきましたが、

本当にそうですね。

 

ものすごく、励みになりました!

ありがとうございます!

 

これからも増々、さまざまな心境と経験を文章に変え、

皆様に何かを発信し、お届けしていきたいと思います。

これからも末永く「向き合う日々」をよろしくお願いします。