読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

向き合う日々

動いて考えて捨てて減らして、感じて変わっていくかもしれないブログ

脳みそ疲れて、残念な餃子に落胆しつつ子供の言葉に救われる。

 

前回の記事にコメントを頂き、至極納得しました。

頷きながらやっと、フーっと息を吐けた感じがしています。

 

noribealive.hatenablog.com

 

迷いや戸惑いが有る時に、客観的な意見や経験談のコメントをいただけると、

目頭が熱くなるといいますか…、嬉しいです、とにかく。

 

それに、書けないっていう記事にも関わらず、沢山のスターにも感謝です。

 

 

ありがとうございます。

 

  

今日も何かを文章にしたくて書いていますが、

やっぱり「腑に落ちてない」んでしょうね。

着地点が見いだせず、途切れ途切れ。

「正直さ」が足をひっぱり、

こんな中途半端じゃダメだ、と頭の隅でダメ出ししてる気がして、

最後まで書ききれない感じです。

 

あー、なんつーかなー、オレが言いたいのはさぁ…

 

悶々と書いては消し書いては消し…。

そんなこんなで夜になり、

大好きな餃子でも焼いて、パワーUPするか!

なんて張り切ったらば…

 

 

f:id:noribealive:20160106150215j:plain

ガーン…

ぐちゃ…

フライパンにくっつき、綺麗に剥がせず…残念な姿に(涙)。

(画像も影がついて見辛い…スミマセン)

餃子が大好きなんです、私。

だからペラーンって剥がして、パリッ!ジュワ〜が食べたい!

出来合いの生餃子だけどぉ…焼くだけだけどぉ…

希望通りにできないと、落胆っていうか、絶望しちゃうんだよね…、

餃子如きで。

 

「もう!やだー!もう最悪ぅー(怒)」

「だから、餃子なんか焼かなきゃよかったんだよ!」

「もうこのフライパン捨てるー!」

 

すいません、独りパニックです。

飛躍的推論から妄想の大暴走。

まぁ、脳みそ疲労困憊中はこんな感じですわな。

 

そんな暴走ママを目の前に5歳息子は、

「フライパンだって頑張ってるんだから、落ち着いてぇ!」

だって…。

 

私は思わず息子を抱きしめました。

そう、そうだった。

フライパンだって頑張ってるんだ。

ママだってもっと頑張るよ!

 

「・・・・・。」

 

いやいや、違いますけど…。

息子の慰めの言葉に、やはり爆笑笑顔に成らざるを得ません。

そして10歳娘は、

「味なんて変わんないんだから、食べよっ!」

だって…。

さすがはサバサバ女子、しら〜っと食べ始めます。

 

ママは置いてけぼりすか…。

 

この時点で、自分がいか成長してこなかったか実感です。

置いてけぼりにしてくれてありがとう、それでいいんだ、それで。

見た目は中年、中身は幼児の親なんてのは愚の骨頂だ。

私の精神はおそらく、4〜5歳で止まっている部分が多く、

餃子以上に残念な大人に成長しました。

それはまさに残念な現実であり、情けない悔しさでいっぱいだけれど、

歩みは止めず進みますよ。

 

駄文ではありますが、怖がらず、

自分の思考を表現する練習を続けていきたい。

とにかく何か書いてみます。

 

ぜひ、その成長過程にお付合いただけると嬉しいです。