読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

向き合う日々

動いて考えて捨てて減らして、感じて変わっていくかもしれないブログ

変態として自覚してみる

 

自分を自分で痛めつけ、

蔑み、

もしやそれを気持ちいいとさえ思ってないか?

 

オレ、変態かも…。

 

自分にダメ出しするコトが、

むしろ自分をダメにするコトだとわかっても、

どうしても止められなかった。

 

なんでよ?

 

痛めつけられたら、

傷ついているように見えて、

実は気持ちいいんだ、多分。

 

ほら、

怪我した時の痛みって、

痛い痛い痛いっていう感覚に集中していくと、

あっ気持ちいいかも…、

気持ちイイ…。

ってならないかい?

 

あぁ、ならないか…。

 

いや、オレなるのね。

まぁそういうコトにしといて。

 

自分で自分をこき下ろし、

蔑むと強くなった気になってスッキリする。

罪を裁き、

裁かれた罪を自分で償うと、

清算した気分を味わえる。

 

いや、償った気になる。

 

自分はこんなに自分に罰を与えている。

自分はこんなに罪を負っている。

 

「一人脳内SM」ではないか。

 

罰を与えた気になって、

罪を背負った気になると、

自分はハンセイしてるって勘違いする。

自己完結してしまう。

 

だけど、

それじゃぁ本来の反省に繋がらない。

反省して次の行動に活かさなきゃ、

繰り返す。

 

ただの自慰行為で終わる。

 

こんな風に考えてからというもの、

恥ずかしくて仕方なくてね…

ダメ出しが。

 

自分にダメ出しする度、

自分を蔑む度に、

独りエッチを見せているような感覚が押し寄せる。

 

だから、

どうにかして止めようと、

どうせ恥ずかしいなら、

変態として自覚してみてはいかがかと。

 

試行錯誤ですな。

 

オレは変態、オレは変態、オレは…

 

もういいですね…、

失礼しました。

 

あぁ、コレ、星野源繋がりね…。

変態って。

 

妄想全開。

飛躍的推論、

発動です。

 

認知の歪みも

こんな利用の仕方、

ありって感じで。