読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

向き合う日々

動いて考えて捨てて減らして、感じて変わっていくかもしれないブログ

「言及された」っていう通知より「触発された」の一文にグッとくる。

 

しーてんさんに言及していただきました。

祝!初言及。

ありがとうございます。

 

produce.hatenadiary.jp

「言及」ってことが何なのかわからず、かなり動揺してしまいました。

今まで言及って言葉、使ったことなかったですし、

なんだかあんまりいい印象のない言葉だったので、

アクセス欄の下にある「言及された記事」って文章に、かなりビビってましたから。

私にとっては、追求される…的な、ちょっと怖いイメージの言葉でして…。

 

でも意味をよく知らないってのは、いかんですな。

noribealive.hatenablog.com

毎日こんなことばかりで。

 

でも、ドキドキしながらブログを拝見すると「触発され…」と記載してあり…、

「よっしゃー!」と心の中でガッツポーズしながらニヤニヤしました。

嬉しいですね…、誰かに何かを感じてもらえるって。

そしてそれを元に、文章になり記事にしていただけるって…、

 

嬉しい。

 

とにかく嬉しい。 

 

 

 

noribealive.hatenablog.com

この記事は、下書きから書き上げるのに1ヶ月ほどかかり、

何度も自分の感覚を呼び起こしながらの作業だったので、

かなり、形の無い思いを形ある文章に変えて表現できた記事だった。

向き合ってきた自分の中に、たしかに確認できた今の私の理解。

それが正しいかどうかは、まだわからない。

これから修正していく部分は、かなりあると思っている。

 

しかし、しっかりと自分の中で咀嚼した理解が少しでも無いと、

何に悩み何に苦しんでいるのかが具体的にわからず、

進みようがなかった。

いつも真っ白な霧の中をふわふわと無重力空間のように彷徨い、

溜め込んだ感情の発散先もわからず、常にイライラして。

出口の無い感情は、気を許せば途端に、弱い者に向けられ簡単に発散されてしまう。

 

けれど、自分の中に芽生えた他愛も無い疑問に、

その都度立ち止まり、1つ1つ時間をかけて待てば、

自ずと沸き上がってくる答えらしき何かがある体験をし始めた。

 

探し続け求め続けていれば、自分に引っかかる何かに出会い、

関連性が無さそうでも、理解という点と点が増えていけば、

やがて線に繋がるコトもあるのだろう。

それは偶然のように思え、自らの努力とはにわかに思えないが、

必然につながる行動を取らなければ、出会えない偶然だとは思う。

  

私はただ、幼き2人の人生を守り受け止めたい。

 

それが産んだ者の責任だと今は思っているが、私にはとても難しいことだと知った。

知ったからには、向き合わずにはいられない。

いや、逃げようと何度も思ったが、

なぜだかわからない「悔しさ」に引っ張られ、凝視させられてきた…という感じ。

どこからくる悔しさなのか今はわからないが、そのうちわかるだろうと思う。

 

生きる意味なんて、今の私にはわからない。

っていうか、わからなくても生きているので、わかる必要性を感じなくなった。

生きるコトそのものに、何か意味を持たせないと生きてはならない、

っていう意識こそが歪んでいるのだと思ったからだ。

 

生きる意味があろうとなかろうと、

ただここに生きているだけで充分だと、何度も思ってしまったからね。

 

生きることに何の意味があるのかどうかは、

意味に出会うまで生き続けなければわからないのだと思う。

意味があるかもしれないし、無いかもしれないし、そんなことは誰にもわからない。

自分には意味のないことでも、他人には意味のあることかもしれない。

「コレが私の生きる意味です」というものだけが、

その人の生きる意味なのだろうと思う。

 

けして一人では為し得なかったこれらの思いも、

私を理解しようと努力してくれた人達の応援で、今発信できている。

自分と向き合うことをスタートした時とは、

明らかに変わった理解がここにある。

 

まだまだ理解という名の「点」の集まりだけで、

「線」には繋がらないことばかりだ。

点すらなかった数年前より、遥かにマシで遥かにラクではあるが、

もう少し先へ進んでみたいと思っている。